ワイパーの手入れ

車の運転を安全に行うために数多くあるメインテナンスのなかで、視界をクリアに保つことはとても重要な項目の一つです。
そもそも視界が保たれていないと、どんなに他が整備されていても安全を十分確保することはできません。特に雨に日はただでさえ視界が悪くなるので、ワイパーの整備は必須といっていいでしょう。

いざというときに動かしてみると滑らかに動かずビビリが発生し、きれいに雨を拭い取ってくれなくなることがあります。
これはゴムに汚れが付着していたり、劣化していることが原因となっていることがほとんどです。まずはビビリ止めのために、タオルなどで汚れをふき取りましょう。

それでもビビリが止まらない場合は、応急措置として窓ガラスの潤滑剤を使用します。
しゅっと一吹きすると、すぐに滑らかに動くようになるものもあり即効性はありますが、長持ちしないためそのたびに何度か吹き付ける必要があります。

事前のメインテナンスとして窓ガラスにコーティングする潤滑剤もありますが、あらかじめ晴れた日に吹き付けておかなければならないタイプのものがありますが、雨が降っているときに吹き付けても効果が発揮できないものもあります。

それでもビビリが止まらない場合は、ゴムを交換しましょう。
車のアクセサリーを販売しているショップで販売されています。自分の車種と年式、場合によっては左右をよく確認して購入しましょう。交換は誰でも簡単にできます。

Comments are closed.