フロントウィンドウをキレイに

フロントウィンドウについた油膜。昼間はそれほど気にならなくても、雨が降ったり夜間に対向車のライトや街頭がギラギラとうつりこんで、運転の妨げにもなり危険も伴います。

付着の原因は様々で、車体にかけたワックスやコーティング剤がガラス面に流れてきたもの、ウィンドウ用コーティング剤の劣化、大気中の油分や排気ガスなどがあげられます。

油膜は一度つくと頑固な汚れの為に普通の洗浄剤では落とすことが出来ません。研磨剤と除去成分が配合された専用のクリーナーを使って、しっかり取り除く必要があります。

使い方は簡単。先ずはガラス面の汚れや埃を取り除きます。次にスポンジやクロスにクリーナーを適量落として、手を縦・横に動かし、ガラス面をしっかり磨きます。時々でこぼことした感触が伝わってきますが、そこにはまだ汚れが付着しているサイン。しっかりと優しく磨き上げましょう。
仕上げは水拭き。しっかりと絞ったマイクロファイバークロスなどで洗剤を落とします。水拭きの際に水をはじく場所があれば、汚れが残っているので再度磨きなおしましょう。

最後に水をかけて、水はじきがないかチェック。美しくなったガラス面は、水はじきのない状態となります。
仕上げにガラス撥水コーティング等を使用すると更に効果的です。

溜まった汚れを落とすのは大変ですので、給油や洗車のついでにマメに掃除することで、汚れの付着も少なく、手入れも楽に済みます。またボディにワックスがけをする際、くれぐれも同じクロスで窓を拭かないように注意しましょう。

Comments are closed.