雨対策の基本はワイパー交換

日本は雨の多いところです、自動車を運転するうえでも安全に走行するために雨対策が必要です。

その基本となるのがワイパー交換です。
ワイパーは意外と定期的に交換する人は少ないです。それは交換タイミングがわかりにくいからです。

ゴムが切れてしまっている状態はもう遅すぎます。そのまま使用してしまうとウィンドウガラスに傷をつけてしまったりするので早めに交換します。

まずワイパーはゴムでできていることと、ガラスに接している部分はとても細く先が尖っているのです。
ゴムであることからやはり劣化してきます。ゴムの劣化はだんだんと硬くなってしまうのです。
特にフロントガラス部分は熱や光など劣化しやすい状況になっています。

そしてワイパーがガラスに接している部分が細いことから硬化してくると先が割れてきたりします。
その結果ワイパーをかけても水はけがわるくなったり、水の線が入ったりします。

やはりこのようになってきたら交換が必要です。ゴムの劣化から考えても1年に一回は交換する必要があります。
また忘れがちなのがリヤガラスにワイパーが付いている場合です。
これも同様に交換をしなければいけません。
またワイパーの利用頻度が少ないとゴミや砂といったものが溜まっているのでこれも要注意です。

Comments are closed.