些細なことからできる安全運転

車の操作の上手・下手、というのは、技術によるものよりも、如何に状況に見合った操作を出来ているか否かというところで判断できるものです。例えば、離合しにくい道路を走っている時に、ミラーやライトなどで即座に判断し、車避けで離合できるのをごく短時間待てるならばお互いにスムーズな走行ができますが、明らかに対向車が来ているのに離合できないポイントにまで突っ込んでくる車などは下手の部類にはいるでしょう。また、交差点でも、右折をする際に交差点の真ん中まで進入して対向車の流れが止まるのを待つのではなく、信号のところで待つ人がいます。これでは後続の直進車がその車に阻まれて通行することができません。そのことにすら気付いていない人はやはり下手の部類に入るでしょう。まず、自分がどのような状況で走行しているか、そこで自分だけではなく他車の通行を妨げているか、いないか。そうしたことから、自分がどのような操作をするべきか、を瞬時に判断できるクセをつけておくことが実は安全運転につながるのです。そうした些細な判断ができないと、他車や他人をも巻き込む交通事故を引き起こしてしまうことになってしまいます。車の操作の上手な人は技術的なものよりもそうした判断が早くて適切であるから、と申すことができるでしょう。